オートロックのマンションは空き巣に狙われやすいって本当?

空き巣が住人と共に建物内に侵入できるリスクに注意

都市部のマンションを中心として、オートロックの防犯設備を備えた物件が多いです。確かにオートロックは一定の効果がある一方で、あまりに過信しすぎることも問題があります。オートロックがあることによる油断からかえって空き巣に狙われやすく、注意が必要です。
例えばオートロックの賃貸マンションに空き巣が侵入する手口として、住人の出入りの機会を狙う方法があります。住人が建物を出入りするためロックを解除する隙を狙い、空き巣もその後を追ってマンション内に侵入することが可能です。そのためオートロックの賃貸マンションを出入りする際には、周囲に見慣れない不審者がいないかどうかチェックを要します。またできるだけ素早く出入りして、ロックの介助時間は短い方が防犯上有利です。

オートロックマンションの生活で生まれる油断

オートロックを備えた賃貸マンションでも、場合によっては空き巣被害にあうことはあります。その理由として、オートロックマンションに暮らしているからこその油断が理由の一つです。建物の出入り口にオートロックを備えているため、不審者が建物内に入らず安心して暮らせます。しかし出入り口ばかりに気をとられて、部屋の窓のロックを忘れるケースが多いです。そのため空き巣は、住人の油断を狙って窓からの侵入を試みるケースが増えてきました。
窓側の防犯対策も念頭に入れておかなければ、たとえオートロックを備えたマンションであっても空き巣被害を抑えることはできません。外出時には窓の鍵をかけたかどうか再度確認すると共に防犯フィルムをガラスに貼り付ける対策を行い、ガラスが割られ侵入されるリスクが減らせます。

室蘭の賃貸物件の特徴は、機密性に優れたしっかりした造りの住宅が、比較的低価格の賃貸料で借りれることです。